土壌採取の方法

栽培ナビ ドクターにご登録されているお客様は、ログイン後のマイページの「診断の流れ・土壌採取の方法・送付先」をご覧ください。

土壌採取の方法

正確な分析をするための注意点

  • 露地での採取の場合、雨の日や降雨後は避けてください。施設の場合は、極端な乾燥時や散水直後の採取は避けてください。
  • 採取する器具は、アルミ・ステンレス・プラスチックなどをご使用ください(錆びた鉄などは避けてください)。
  • 土以外の異物が入らないようにしてください。

採取方法(根が張るところの土)

  1. 1圃場内でばらつきがあるため、5か所程度から均等に採取します【図1参照】。
  2. 2それぞれの箇所について、表層を2cm程度取り除きます。
  3. 320〜30cmくらいの深さまでV字型に掘ります【図2参照】。
  4. 4V字面に沿って表層から下層まで短冊状に均等に採取します(200g以上が望ましい)。
  5. 5大きめの石、粒状の肥料、堆肥の塊や粗大有機物などは取り除きます。
  6. 65か所から採取した土をバケツ等で混ぜ合わせます。
  7. 7混ぜ合わせた土を1kg以上取り、未使用で丈夫なビニール袋やプラスチック容器などに入れます。
  8. ※少なすぎると、分析できません。

栽培品種やステージによる違い

果樹園土壌の場合は、まず5本程度の樹を選定します。それぞれの樹冠の先端から30cm程度内側の2〜3カ所で採取します。表土約20cm程度までと下層土約30〜50cm)から採取することが望ましい。
※生育中に採取する場合は、施肥部分をさけて株間から採取してください。

作物体採取の方法

正確な分析をするための注意点

  • 作物体診断は、診断する作物の類と栽培ステージに応じた採取の仕方が必要です。必ず下の採取方法を確認してください。
  • 採取した作物体は、採取後に長時間の放置をしないでビニール袋に入れてください。作物の乾燥や蒸れ、品質劣化などにご注意ください。
  • 採取した作物の送付は、必ず冷蔵便でお送りください。常温や冷凍で送付された作物体は、正しい診断ができなくなります。
  • 同じ圃場や別の圃場で採取した、出来の良いものと、出来の悪いものを比較した診断をご希望の場合は、それぞれ個別に診断をお申し込みください。
    ※一つのお申し込みで複数の検体がある場合、一つの作物体として診断されるのでご注意ください。
  • 害虫や病原体の検査ではないので、害虫や病気に侵された作物、腐敗やカビなどが発生している作物の診断はお断りいたします。

送付方法

採取した土壌の入ったビニール袋やプラスチック容器に破損がないかご確認ください。輸送途中での破損、中身の流出を防ぐため、二重にし、しっかり封をしてください。その上に、診断申し込みラベルを貼ります。ボール箱などに入れ、元払いで送付してください

  • 診断申し込みラベルは、「診断結果」ページの受付中をクリックして、「お申し込み完了」ページから、表示・印刷ができます。
  • 複数診断をご依頼の場合は、診断申し込みラベルの貼り間違いにご注意ください。