作物に欠かせない成分と役割

作物の成長には、窒素(N)、リン(P)、カリ(K)が重要な役割をはたしています。
しかし、それを補うだけでは十分とはいえません。
作物の生長には、光合成が必要です。光合成は、水と二酸化炭素と光によって、炭素と水からなる化合物の炭水化物を作っていることになります。炭水化物は、作物にとって、水や養分栄養を葉や実に届けるエネルギーとなります。つまり、光合成は、エネルギーを作っていることになります。
実は、この時に、マグネシウム(苦土)が重要な役割をはたします。また有機肥料に含まれる窒素は、炭水化物と結合し、アミノ酸となりタンパク質として作物の細胞づくりに役立っています。作物の生命維持には鉄やマンガンも必要であり、作物が持つ防御にはカルシウム(石灰)や銅などが必要です。これらのミネラル要素は土壌中にも存在していますが、作物の生長とともに消費され、そのため、欠乏すると防御に問題がでてくる場合があります。
作物栽培に必要な成分は、有用元素やミネラルと言われるものも含め多様です。これらの成分は、多くても、少なくても作物に生育障害を与えることとなり、見える化することは、重要な項目となります。
ミネラルを含む詳細の土壌診断をすることで、土の状態を把握し、作物にとって最適な、健康な土づくりをしていく必要があります。作物の出来不出来は、栽培手法や気象条件だけではなく、土壌中の成分による場合も大きく影響しています。

健康な土づくりにチャレンジしませんか。
窒素(N)、リン(P)、カリ(K)、ミネラル要素の作用を下の表で解説します。

窒素(N)タンパク質を作るアミノ酸成分

葉肥(はごえ)と言われるほど、葉を生長させる働きがあり、細胞のタンパク質を構成する。葉同様に、根の発育促進にも必要。

過剰の影響

高たんぱくとなり、害虫、病原菌が増える。アミドというチッソ化合物となり、匂いをだし、虫を呼ぶ食味が落ちる。

不足の影響

葉や根の生長が弱まり、作物の生長全体が遅れる。

リン酸(リン、P)DNA,エネルギー貯蔵、細胞膜の成分

実肥(みごえ)といわれ、開花結実促進、茎葉の強化の働きがある。
花実をつけない。

過剰の影響

苦土、亜鉛、鉄などの不足を助長する。

不足の影響

根の育ちが悪くなり、全体の生長が遅くなる。

加里(カリウム、K)細胞を活性化する

根肥(ねごえ)と言われ、作物の生長促進、寒暖差、病害虫への抵抗力をつける、気孔の開閉にも関係する。

過剰の影響

苦土、石灰、鉄の不足を助長する。

不足の影響

茎葉が貧弱になり、葉に斑点ができる。

石灰(カルシウム、Ca)作物を丈夫にする

細胞同士を結合させ、細胞壁を作っており、根の発育促進に重要な役割があり、茎葉、病害抵抗力強化の働きがある。

過剰の影響

土壌が強アルカリになり、pHが高くなるとマンガン、鉄、亜鉛、ホウ素などの吸収が阻害され、それらの欠乏症をおこす。

不足の影響

生長点、頂芽、果実先端での尻腐れ、渕腐れ、根の生長抑止で根腐れの原因になる。

苦土(マグネシウム、Mg)葉緑素の元

作物栽培のキーとなる存在。光合成反応の活性化を担う。葉緑素の中核、茎葉、病害抵抗力強化の働きがある。

過剰の影響

マンガン、亜鉛、ホウ素などの吸収が阻害され、これら微量要素の欠乏症が誘発される。

不足の影響

葉が黄色くなり、光合成が弱まる。リン酸の体内移動ができにくくなる。

ケイ酸(ケイ素、Si)稲の生育には重要

葉が直立、光合成促進、シリカ層ができて病害虫の侵入を防ぐ。

過剰の影響

ケイ酸そのものによる過剰害は無い。
pHが高い資材は、作物の好適pHを外れないようにする事が必要。

不足の影響

稲の倒伏が増えたり、病害虫に対する抵抗力が弱くなる。稔実障害や生育が阻害される。

マンガン光合成反応や酸化還元

葉緑素の生成や二酸化炭素の吸収に対応し、病害抵抗力強化の働きがある。

過剰の影響

根が黒く変色する。葉には褐色の斑点があらわれる。りんごでは、樹皮が荒れ、ひび割れなどを生じる「粗皮病」が発生する。また鉄欠乏症の発生を助長する。

不足の影響

葉の葉脈の間が黄色くなります。ぶどうでは果実が着色不良となる。生育不良、着花不良を起こす。

ホウ素細胞壁の生成

生長点のセンイや細胞どおしをくっつけたり、病害抵抗力強化の働きがある。

過剰の影響

葉が黄色や茶色になる。

不足の影響

新芽や根の生育が悪くなる。

葉緑素合成と酸化還元

作物(上、下部全体)の呼吸作用に働く。葉緑素を作るのに必要で、病害抵抗力強化の働きがある。

過剰の影響

リン酸の吸収をわるくし、根が発育不良になる。またマンガンやリン酸の吸収が阻害される。

不足の影響

葉が黄色や白くなる。

葉緑素形成と炭水化物、タンパク質の代謝に影響

病害抵抗力、茎葉の強化の働き。

過剰の影響

葉が黄色や白くなり、わん曲する。

不足の影響

根の生育が悪くなる。

亜鉛タンパク質合成、ホルモンの調整

病害抵抗力強化する。

過剰の影響

葉が小さくなったり、変形する。

不足の影響

新葉が黄色くなり、茶色の斑点がでる。

モリブデン酵素成分、硝酸還元

過剰の影響

一般的に過剰症は現れにくい。葉にクロロシス(白化・黄白化)が現れる。

不足の影響

葉縁が内側に巻いてスプーン状になり、イネ科植物で葉がよじれる。

ナトリウム植物生育/生理に影響

病害抵抗力を強化する。

過剰の影響

マグネシウムの吸収を阻害し、生育障害をおこし、枯死する。

不足の影響

一部植物においては、光合成に影響を及ぼすが、不足の影響は少ない。