GAP認証取得ポイントイメージ

GAP認証取得のご相談、認証取得をサポートいたします。

JGAP、ASIAGAP、グローバルGAPは、食品安全や環境保全、労働安全などの持続性を確保するための取り組みです。第三者機関の審査により、認証が与えられます。
適切に管理されている農場だから、安全・安心で信頼できる農産物を提供することができます。GAPは、農場に対する客観的な指標なので、日本で、世界で、GAP認証を取得する動きが広がっています。

栽培ナビご利用による JGAP、ASIAGAP、グローバルGAPの取得

栽培ナビ導入・GAP取得事例 詳しくはこちらから

農場ごとに最適なコンサルティング・サポートを実施します

農業を営む生産者様、JA様、都道府県で、GAP取得のお悩みや条件はそれぞれ異なります。また団体認証では、団体事務局の設置と管理が重要なポイントになります。
認証取得へのルール適用だけではなく、現場の多様な問題を掘り下げ、ご相談に応じながら最適な解決方法を探します。一次的な対応ではなく、継続的にかつPDCA(PLAN=方針・目的/DO=運用/CHECK=自己点検/ACTION=見直し)サイクルをまわすことが求められます。パナソニックはGAP認証取得を目指す皆様とご一緒に、最適なコンサルティング・サポートを実施いたします。

信頼される農場の証
栽培ナビを使って取得サポート
コンサル実施中!
・日本国内 JGAP の取得
・輸出対応 ASIAGAP/グローバルGAPの取得

パナソニックのJGAP/ASIAGAP指導員がサポート

パナソニックでは、社内でISO(国際標準化機構)をはじめとする様々な認証を取得し、日々の活動で管理を実践をしています。私たちのこれまでの経験とノウハウは、食品安全や環境保全、労働安全などの取り組みにも生かされます。GAP認証取得のご相談、認証取得までのサポートは、パナソニックのJGAP/ASIAGAP指導員が担当いたします。*
現状の分析、管理体制づくり、リスク検討、ルール衆知と教育、台帳・記録等など様々なステップをコンサルティング・サポートいたします。*注意)審査規定により、コンサル担当者は、審査時の発言はできません。
※GAP認証取得にむけたサポートであり、当社がGAP認証取得の審査をするものではありません。

GAP認証取得のご相談、サポートに関するお問い合わせは、こちらから