特長3いかすノウハウの蓄積と人材育成に貢献します

気候変動や薬剤耐性、同じ作物でも新品種の登場など、栽培を取り巻く環境は変化しています。
経験と勘も大切な要因ですが、これからの「攻めの農業」に必要なことは、栽培データをはじめとしたノウハウの蓄積と、優秀な農業従事者の育成です。栽培ナビは、農場のノウハウ蓄積が可能です。

ノウハウの蓄積に適した入力項目と写真

  • 栽培期間、面積当たりの収量、使用農薬・施肥回数など、後々重要な指標項目の入力が可能
  • 生産件名、圃場に紐づいた写真の登録、閲覧ができます
  • 栽培ナビリンクのITセンサー連携で取得したデータの活用も可能です

栽培ナビ独自の「営農ひろば」をはじめ、農薬検索など、農業従事者の対応力を育みます

  • 病害虫や栽培方法の情報を写真やpdfで、農場内のスタッフに発信できる図書館コーナー
    (図書館コーナーに、農場のルールや手順書などを登録することも可能です)
  • 栽培ナビの画面から、メンバーが責任者や社長に相談できる相談機能
  • 作物別に栽培こよみの登録や、FAMIC※の農薬データを活用した農薬検索など、知識の向上に役立ちます※FAMICは、独立行政法人 農林水産消費安全技術センターの略称です

NEW土と栽培の見える化
- サスティナブルな循環型農業を支える有機栽培に向けて -

栽培ナビ ドクター

栽培作物への最適な土づくりとその栽培の見える化をする「栽培ナビ」の姉妹サイト「栽培ナビ ドクター」。
「栽培ナビ ドクター」では、土壌の状態、作物の生育状況を詳しく診断します。土壌診断の分析は、有機栽培に必要なミネラル群を含む26項目(水稲は27項目)。生育中の圃場の状態を診断する土壌定点診断、作物そのものを診断する作物体診断もご利用いただけます。ウェブのマイページ上に、圃場×作物単位に診断結果がスピーディに届くので、土壌や作物体の状態を時系列でみていくことができます。
「栽培ナビ」と「栽培ナビ ドクター」を併用することで、近年の気候変動や減農薬・減化学肥料の社会的要請と有機栽培に向けた栽培技術を見える化し、新たな技術の確立に役立てることができます。

サスティナブルな循環型農業は4つの「見える化」で技術を確立