特長1つながる情報の共有化で、販売力と収益を高めます

作業状況や生産履歴などを、必要な人に必要な部分だけ情報共有きる新しい営農スタイル。最新の情報を共有していくことで、チャンスをひろげ、ロスを省き、収益向上を導きます。

つながるイメージ

栽培ナビは、生産情報をはじめ農場の情報を共有することが可能です。
共有する情報を発信する側、受け取る側、栽培ナビを通じてスムーズなコミュニケーションが築けます

  • 栽培する生産管理件名単位で、特定の相手に対して情報の共有ができます
  • 栽培委託先の生育状況や栽培方法の確認が、作業実績や写真アルバムで見ることが可能
  • 栽培こよみ、病害虫情報など、形成しているグループ内に向けて発信・共有ができます
※情報共有、グループ形成など詳しくは、お問い合わせください ※販売実績など農場が開示できない機能も一部あります 生産イメージ

農場内の情報共有も、役割に応じて設定可能
必要な画面(使える機能)が限定できるので、誤操作や誤入力などのトラブルを防ぎます

  • 農場メンバーの役割に応じて、見れる個所や登録・起案できる箇所の設定できます
  • 管理者が農場の役割に応じて設定、変更ができます
  • メンバーの習熟度や経験により、変更もできます

役割に応じた画面操作例

社長 リーダー 作業者 パート
作業実績 閲覧登録編集削除 閲覧登録編集削除 閲覧登録編集削除 閲覧登録編集削除
農薬在庫 閲覧登録編集削除 閲覧登録編集削除 閲覧登録編集削除 閲覧登録編集削除

※緑色の囲みが操作可能箇所。グレーの囲みは操作できない箇所。
例えば、作業者は、農薬在庫の情報を閲覧・登録はできますが、それを編集したり、削除したりすることはできません。